Google

step 52 水セラピストは、環境にも気を配る

 私たちの健康のために、「水、水、水」と書いてきましたが、肝心の水は、今どうなっているのでしょう?ひところに比べると、川の水もかなりきれいになってきました。家庭から排出される水がぶくぶくと泡立っている、なんてことも最近では見なくなりました。

 とはいえ、まだまだ自然な状態の美しい河川や海は少ないのが現状です。

 水を汚さない心がけ

 では、身近なところで、何に気をつけたらいいのでしょうか?

 ひとつめは、食べ残しの問題です。たとえばおわん半分の味噌汁を食べ残し、それをそのままキッチンに流したとします。この味噌汁が鯉やフナが住める水になるためには、お風呂2・15杯分の水を必要とします。また、大さじ1杯のサラダ油をキレイな水にするのには、なんとお風呂16.6杯分の水が必要なのです。これからは食べ残しをしないように、油などの汚れはできるだけふき取ってから洗うように気をつけましょう。

 ふたつめは洗剤そのものです。以前に比べたら分解しやすく環境にやさしくなっていますが、できるだけ天然原料由来の製品を使いたいものです。

 畑や田んぼで採れる作物もできるだけ農薬を使わないようにすることが望ましいのですが、無農薬、低・減農薬で作物を育てることは手間とコストがかかってしまいます。

 このように環境に配慮したものを買う人がいなくなれば、生産もストップしてしまいます。

 これは農業だけに留まらず、どんな商品にも当てはまります。安いものだけを追いかけず、価格の本当の意味を考えることもときには必要です。

 地球と人間たち

 地球の環境は限りがあります。私たちはその中で暮らし、地球からいろいろな恩恵を受けています。すばらしい地球を私たちの子どもたちへ、孫たちへ、ずっとずっと大切に受け継いでいかねばなりません。

 そして地球を守ることが、私たち自身を守ること、人間の身体を大事にすることにつながっていきます。地球の水をきれいに保ち、それが私たちの身体をつくる水となるのです。真の水セラピストは、自分の身体だけではなく、地球の水を考える偉大な人なのです。
posted by aquastar at 10:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 第4章 水で病気予防へのステップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。