Google

step 43 現代人の体は汚れている?乾ききっている?

 現代の危険性

 昔に人はこんなに「水・水!」と叫ばなくても、現代人よりはるかに潤った水分の多い身体でした。液体の水をことさら飲まなくても、水をたくさん含んだ野菜や穀物を食べていたので、食事で十分な水を摂取できたからです。

 現代人はジャンクフードのようにナトリウムを過剰に含んだ食品をよく食べます。これらは身体の塩バランスを乱れさせ、水分量をかえって減らしてしまいます。

 また、空調設備が整った環境にいて、暑さ寒さはしのげるようになりました。その代わり、空気が乾燥しています。快適さ、便利さを享受できたものの、そのツケのように乾いた空気が、人間から水分を奪うのです。

 そして、周りには化学物質が溢れています。食品にも添加物が加えられ、部屋にも合成の住宅建材が氾濫し、衣服も合成繊維、洗うときも合成洗剤・・・。そのすべてが悪いわけではありませんが、昔に比べれば多くの化学物質に囲まれているのは事実です。経口で、経皮で、汚染される危険性をはらんでいるのです。

 危険性を軽減するために

 例えば、部屋に充満した化学物質は、窓を開け放ち換気するのが一番手っ取り早く危険性を除去できるそうです。空気の流れを作り、自然の力でできるだけ薄めるのです。

 体内に入ったものも同じではないでしょうか。身体には自然治癒力も備わっています。身体にとって害となるものは、除去する仕組みを身体自体が持っています。それに加え、水を摂ることで、老廃物を排出するスピードをあげることができます。

 経皮より進入した毒も、お風呂(半身浴や足湯でも)で十分汗を流すことによって、かなり排出されるそうです。まわりに氾濫する化学物質をすぐさまゼロにはできないのですから、できるだけ影響を少なくするよう、水を摂り体内環境を整え、デトックスに励みましょう。
posted by aquastar at 02:42 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 第4章 水で病気予防へのステップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

step 42 水とストレスの関係

 ゆっくり落ち着いて・・

 「ああ!このストレス、どこかへ発散したい!」という時、あなたはどうしてますか?

 「しゃべる」「どこかを蹴飛ばす」「まわりに当たる」「やけ酒にやけ食い」・・・。

 誰かに話して、その人がウンウンと聞いてくれ、すっきり解消!となれば、もっともすばらしい方法だと思うのですが、そううまくいくわけではありません。

 まわりに見えたものを手当たり次第に食べちゃって、気持ちは悪いし、体重は増えるし、おまけに肌の調子も崩して・・・なんて、最悪の結果になることも。

 では、そんなストレスフルな時、どうしたらいいのでしょうか?

 ここでもやはり、水に頼ってみましょう。水には鎮静作用があります。ストレスを感じた時、コップ1杯の水をゆっくりゆっくり飲むと、気持ちが落ち着きます。

 また、ミネラルウォーターといっても、その含有物、量などから多種多様なものがあります。ただ日本人は硬度の高いものには不慣れで、最初からたくさんの量を摂ると、おなかをこわすこともあります。最初は少量から、徐々に量を増やしていくことが大切です。

 そして、水を摂るときの一番のポイント!常温の水を摂るようにしましょう。夏場などキンと冷えたものが恋しくなりますが、ほどほどに。夏以外の季節は、冷やさず常温のままいただきましょう。そのほうが身体にやさしく吸収されやすくなります。


 飲むだけではなく

 水は飲むだけではなく、お風呂やプールなどもストレス解消には有効です。ぬるめのお風呂に、じっくり浸かる。半身浴もいいですね。心穏やかに、身体の内側からゆっくり汗を流せば、汗と一緒にストレスも流れていくかも?それほどカンタンでなくても、気分転換にはなるはずです。もっとアクティブに、プールでバシャバシャ泳ぐのもGOOD!身体を動かし適度に疲れれば、ぐっすり眠れます。朝起きたときにはすっきりストレス解消。

 水は飲むだけでなく、それに包まれるお風呂でも、身体も心も癒される!!何かのときには水頼み、ですね。
posted by aquastar at 02:39 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 第4章 水で病気予防へのステップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

step 41 肥満を防ぐ。水でダイエット?

 水太りのウソ

 これまでにもお話ししたように「水を飲むと太る」ように思いますが、決してそんなことはありません。

 水は0キロカロリーです!安心して飲んでください。

 「水を飲むとむくむ」ともいいますが、健康な人ならこれもウソです。水をどれだけたくさん飲んでも、身体に摂り込み余った分は排出されるのです。ただ、身体が冷えていたり、過度のストレスや、スナック菓子やカップ麺などに含まれるナトリウムの過剰摂取により、腎臓に負担がかかっている場合は別です。「むくむ」症状が頻繁に出るようなら、医師に相談することも必要です。

 水ダイエットにチャレンジ

1.朝一杯の水を飲む

○水分たっぷりやわらか便は、すっきりラクラク排便!

 「便秘じゃなくなったら、体重も減ったし、お肌の調子もよくなった。バンザイ!」

2.水を飲んで身体の水分量を増やす

○血流が増え新陳代謝が活発に!

 「お肌すべすべ〜。いくらやせてもガサガサになるなんて絶対イヤよ。よかったわ」

3.食前に一杯の水

○胃がふくれるし、胃液も薄まる

○食欲を抑えられる!

 「ものすごくおなかすいた!って感じじゃなくなるのよ。だからゆっくり食べられるし、少しで満腹になるの。これってすごいダイエットでしょ?」

 水を飲むことによって身体の水分量が増え、新陳代謝がアップする。血流が増え、冷えが緩和される。体内バランスが正常に戻り、老廃物がすばやく排出される。・・・など、水を飲むことによって得られる効果はさまざまです。急にやせたり、すぐにつるつる肌になったり、そんな急激な変化はないかもしれませんが、徐々に正常バランスへと移行していくのです。だから、太っていた人は少しずつやせるし、やせすぎの人は少しふっくらすることも。でもそれが、一番健康でステキな身体なのです。
posted by aquastar at 19:05 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 第4章 水で病気予防へのステップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。